実態 年下OK 外国人若い

質問者「もしや、年下OK芸能に関係する中で修業生活を送っている人ってサクラで生計を立てている人がいっぱいいるのでしょうか?」
E(とある芸人)「そうだと思われますね。サクラで生計を立てるって実態、シフト他に比べて融通が利くし年下OK、僕みたいな、年下OK急に必要とされるような生活の人にはもってこいなんですよ。イレギュラーな空き時間を使えるし、実態貴重な経験の一つになるし…」
C(とある有名アーティスト)「得難い経験になるよね外国人若い、女の子としてやりとりをするのはなかなか大変だけど我々は男だから実態、自分の立場から考えたうれしい言葉を伝えてあげれば言い訳だし、年下OK男側の心理はお見通しだから実態、男も簡単に引っかかるんですよね」
A(メンキャバ従業員)「反対に、年下OK女の子でサクラの人は男性客の心理がわかってないからぶっちゃけ下手くそっすよね」
著者「女の子のサクラより実態、男性のサクラの方がより秀でているのですか?」

残酷な実態 年下OK 外国人若いが支配する

D(芸能事務所所属の男性)「はい。秀でた結果を残しているのは大体男性です。かといって、年下OK僕みたいなのは女性キャラクターを演じるのが苦手なんで、外国人若いいつもこっぴどく怒られてます…」
E(芸人の人)「言わずとしれて実態、食わせものが成功するワールドですね…。女性になりきるのが思ったより大変で…僕らも苦労してます」
ライター「女性の人格を作り続けるのも外国人若い、想像以上に大変なんですね…」
女性キャラクターである人のどのようにしてだましとおすかの話が止まらない彼女ら。
そんな中で実態、ある言葉をきっかけとして外国人若い、自らアーティストであるというCさんに好奇心が集まりました。